×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「パナソニック」への商号変更を承認=松下株主総会
2008年 06月 26日 11:30

[東京 26日 ロイター] 松下電器産業(6752.T: 株価, ニュース, レポート)が26日開催した定時株主総会で、同社の商号を「パナソニック」に変更する議案を承認した。松下グループは従来の「松下」「ナショナル」「パナソニック」の3つあったカテゴリーを「パナソニック」に一本化し、ブランド価値向上を図る方針を打ち出している。10月1日付で商号変更する予定。

 同社の大坪文雄社長は、総会の席上で「全ての活動成果をパナソニックに結集し、強いブランドをつくっていく。創業者である松下幸之助の、事業を通じて社会に貢献する、という経営理念は堅持する」と説明した。

http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-32437620080626